小澤酒造場

記事一覧(32)

店主より

3月、冬期醸造の小さな蔵はこの1ヶ月で今期の酒造り終了です。冬の間、夢中で仕込み上げた大吟醸も搾り上がります。30年程前、私が夢中で酒造りをしていた頃(私ではなく杜氏以下の蔵人ですね)四年連続全国鑑評会に優等入賞をいたしました。大吟醸を醸す際、何を1番に考え注意するのか?多分全国の蔵の杜氏が考えている点だと思います。如何に水分の吸水率を少なくして洗米し、ハゼ込みの多い上々の麹を造ることに皆様不心していることでしょう。私共でも同様、大吟醸の洗米は『分』単位ではなく『秒』単位での戦いでした。時代が変わり現在、精白を沢山すれば米の中心部だけで酒造りができる故に超高精白をと進んでいるようですが、それは如何なものかと思っておりました。先日、2月15日の夜テレビをつけますとNHKで石川県菊姫(?だったと…)の名杜氏、濃口杜氏(86歳)一度引退したが、4年振りに復帰し指導杜氏になった話し「酒造りの匠」「酒造りの神様」と言われるその人が映し出された映像は正に「米洗い」と「麹造り」でした。いろいろ考案し、新しい考え方での酒造りは素晴らしいことですが、原点の考え方は変わっていない、30年前と同じだと考え深く拝見しました。桑乃都 ㈲小澤酒造場 店主

店主より

 師走、早いもので1年が余すところ1ヶ月で終わります。しかし、酒造にとってはこの1ヶ月が大変重要な月なのです。現在は多少違いますが、私が若い頃は6月〜8月の3ヶ月間の合計売上げより12月の1ヶ月の方が沢山売れました。50年も前は今の様に冷やで酒を飲む習慣が無く、その上、「寒くなったから熱燗を!」といった感が強かったように思えます。 酒造りの方は1月〜2月が大吟醸等、高級酒が主体となる為、11月12月が一般酒の製造最盛期であり、ビッシリ毎日仕込みが続くのです。一方、原料米は入荷すると、蔵人の精米担当の「精米屋」が12月中に使用する米の他に1月に仕込む大吟醸用の高精白米も磨かなければなりませんので、夜勤の連続です。特に高級酒用の高精白米は一粒一粒が均等に精米できなければ味に影響しますので「精米屋」は神経を使います。当時は40%まで精米するのに1週間近くかかりましたので触ると熱いほど熱をもってしまうため、2〜3週間ねかせるのです。これを「枯らし」と言っています。枯らしの間も貯蔵庫の温度管理や米の温度管理など1月中旬まで精米屋は大変な労働となるのです。 一方、店の販売は12月31日、夜中の12時ころ、もう年明け間近になっても店を閉めることができませんでした。初荷は2日、元旦だけ休んだものでした。隔世の感ありです。桑乃都 小澤酒造 店主御礼🍁先月の高尾山もみじ祭りには皆さまに足を運んでいただきまして誠にありがとうございました!お陰様で連日完売となり、楽しみに来ていただいたにもかかわらずご提供できなかった皆さまには大変申し訳ございませんでした。この場をお借りしてお詫び申し上げます。弊社の枡酒は、2週間くらい前から樽に酒を入れ熟成させ飲み頃に瓶に詰め高尾山に運んでおります。勿論、枡の良い香りがいたしますが、グラスで召し上がっていただきましても樽の香りがいたします。「枡を持ち帰り家で日本酒を入れて飲んだが山で飲んだ時とは香りが違った」というお話しを時々耳にいたします。樽酒は樽の中で程よく熟成させておりますが熟成し過ぎても、熟成が足りなくても、美味しいと感じ難いようです。もみじ祭りには丁度よいお味になるように準備万端整えて来年も山でお待ちしております。💕

店主より

 8月にビールの話をしましたが、もっと古い飲み物はワインです。今からさかのぼること10000年とも言われています。紀元前2000年のハムラビ法典には、酔っぱらいにワインを売ってはいけないと書かれているそうです。ワインは日本酒、ビールと同様、醸造酒に分類されますが、日本酒やビールは澱粉をデキストリンに変えて酵母を加え発酵させるのにワインは葡萄そのものが糖分ですからワイン酵母を加えれば直ちにアルコール醗酵をするわけです。そこで1番重要なのは原料のワインの良否となります。赤ワイン🍷はフランスのボルドーやブルゴーニュ地方が特産地となってます。コニャック地方となると若干品質が落ちますが、これ又不思議なことに蒸留してブランデーにすると最高級品となるとか!長い歴史が得た答えですネワインのことを喋りだすと、きりがありませんので、またの機会に。。桑乃都 小澤酒造場 店主先月のブログにお祭りの冷やし甘酒、ワンカップ販売のご報告と御礼を書かせていただいたのですが、何故か?削除されてしまっていたので、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。暑い中お越しいただいたみなさまありがとうございました。両日共に盛況で、完売致しました。来年も八王子祭りを楽しみながら喜んでいただけるような企画を考えていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。