BLOG

今年も残すところ半月となってしまいました。
皆さまには今年も桑乃都を愛していただき、ただただ感謝の気持ちしかございません。
ありがとうございました。


最近の弊社へのご要望の中によくあるのは、4合瓶や300mlのラベルをご希望のものにするといったことです。例えば、母校の校章をラベルにし、同窓会の記念品にするとか、、また、大切に飼っていた愛犬とのツーショットの写真をラベルにし命日に知人に配るとか、、
ラベルには表記が義務付けられている部分がありますので、ご相談をしながらラベルのレイアウトを決めさせていただきます。1本からお受けいたしますのでなんなりとご相談ください。(繁忙期はお時間を頂戴する場合もございます)


来年の干支はイノシシ🐗ですね。
更に皆さまに喜んでいただけますようイノシシのように勢い良く(笑)取り組んで行きたいと思っております。
来年も桑乃都をご贔屓に何卒よろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えください。

桑乃都 小澤酒造 角田房子
 師走、早いもので1年が余すところ1ヶ月で終わります。
しかし、酒造にとってはこの1ヶ月が大変重要な月なのです。
現在は多少違いますが、私が若い頃は6月〜8月の3ヶ月間の合計売上げより12月の1ヶ月の方が沢山売れました。
50年も前は今の様に冷やで酒を飲む習慣が無く、その上、「寒くなったから熱燗を!」といった感が強かったように思えます。
 酒造りの方は1月〜2月が大吟醸等、高級酒が主体となる為、11月12月が一般酒の製造最盛期であり、ビッシリ毎日仕込みが続くのです。一方、原料米は入荷すると、蔵人の精米担当の「精米屋」が12月中に使用する米の他に1月に仕込む大吟醸用の高精白米も磨かなければなりませんので、夜勤の連続です。特に高級酒用の高精白米は一粒一粒が均等に精米できなければ味に影響しますので「精米屋」は神経を使います。当時は40%まで精米するのに1週間近くかかりましたので触ると熱いほど熱をもってしまうため、2〜3週間ねかせるのです。これを「枯らし」と言っています。枯らしの間も貯蔵庫の温度管理や米の温度管理など1月中旬まで精米屋は大変な労働となるのです。
 一方、店の販売は12月31日、夜中の12時ころ、もう年明け間近になっても店を閉めることができませんでした。初荷は2日、元旦だけ休んだものでした。
隔世の感ありです。
桑乃都 小澤酒造 店主

御礼🍁
先月の高尾山もみじ祭りには皆さまに足を運んでいただきまして誠にありがとうございました!
お陰様で連日完売となり、楽しみに来ていただいたにもかかわらずご提供できなかった皆さまには大変申し訳ございませんでした。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。
弊社の枡酒は、2週間くらい前から樽に酒を入れ熟成させ飲み頃に瓶に詰め高尾山に運んでおります。
勿論、枡の良い香りがいたしますが、グラスで召し上がっていただきましても樽の香りがいたします。
「枡を持ち帰り家で日本酒を入れて飲んだが山で飲んだ時とは香りが違った」というお話しを時々耳にいたします。樽酒は樽の中で程よく熟成させておりますが熟成し過ぎても、熟成が足りなくても、美味しいと感じ難いようです。もみじ祭りには丁度よいお味になるように準備万端整えて来年も山でお待ちしております。💕



桑乃都 小澤酒造 角田房子
 先日、平成30年東京国税局種類鑑評会 製造技術研究会
というのに参加して参りました。
 写真にありますように、各蔵が「これぞ!我が蔵の逸品」を出品し、数十名の審査員が利き酒をし、採点して優秀賞が発表されます。この日は表彰式と、その後出品されたものを利き酒して勉強するといった流れでした。

日本酒は「吟醸、純米吟醸」部門
    「燗酒、純米燗酒」部門
他に、「本格焼酎」部門
   「ビール、発泡酒」部門もあります。
利き酒勉強会ではお燗はきちんと温かくして各々ペットボトルに入っていて、お燗としての味も利き酒できるようになっ
ています。
勿論、利き酒ですから飲みませんが、どの蔵元さんも一生懸命造っているなぁと感じる味でした。

 同じ蔵元でも吟醸とお燗酒では全然味が違いますので、
特定名称酒と普通酒で飲み比べるのも良し!違う蔵元で同じレベルのものを読み比べるのもおもしろいと思います!皆さまも○○酒造の大吟醸と純米とか、○○酒造の吟醸と普通酒をお燗して!とか、同じ蔵元の数種類を飲み比べてみてはいかがでしょうか?
その蔵元のいろいろな「顔」を体験するのもおもしろいと思います。
 勿論、特定名称酒の中でも、大吟醸がいろいろな意味でトップクラスなのですが、そのイメージとは全く別物と捉えて、普通酒、上撰の辛口あたりをぬる燗で召し上がってみるのも楽しいですよ〜

今年も後1ヶ月半、平成最後の冬を、皆さまによろこんで召し上がっでいただけますように努力したいと考えております。今後共よろしくお願い申し上げます。

お知らせ📢
今週末、17日18日と23日勤労感謝の日の3日間、高尾山ケーブルカー下車少し登ったところで枡酒販売しま〜す!お待ちしており枡!(笑)
桑乃都 小澤酒造 角田房子
 10月蔵人が入蔵し、いよいよ冬期間の酒造り開始です。
酒母を仕込み11月ともなると"もろみ“も何本も仕込まれます。
当社では12月27日頃までに前半の仕込みを完了し、それまで仕込んだ“もろみ“の管理業務だけになる様に計画します。12月28日〜1月6日頃まで交代で正月休みの帰省を取るので、蔵は静かな一時となります。七草が過ぎると後半期の仕込み体制に入るわけですが、寒さが厳しくなるこの時期に、大吟醸の酒母造りに入り、2月末迄大吟醸が搾りあがることになります。この期間が仕込み期間中で最も神経と労力を使う時期です。
3月に入るとほぼ仕込み完了です。
上旬には酒母がなくなり酛屋さんは手が空くので、鑑評会の出品酒の準備にあたります。全ての“もろみ“の仕込みが完了することで気分的にホッとする時です。
10月中旬から約100日、蔵の中に籠もっていた蔵人が開放されて、仕込み終了の夕食会を開くのが恒例になる冬場の造り酒屋でした。
桑乃都 ㈲小澤酒造場 店主

お知らせ📢
いよいよ、もみじ祭り🍁お待ちしております!枡受けの紙皿とかご用意いただくと枡にお注ぎしたお酒が受けられますよぉ〜
角田房子

 本年も高尾山でもみじ祭りを開催します!
弊社は樽酒を枡付で販売します。
販売日は
 11月 3日、4日の土日
    17日、18日の土日
    23日の祭日
の5日間です。
二杯目からはおかわりの料金で👍
枡をお持ちの方もおかわりの料金でご提供いたします。枡はそのままプレゼント!お持ち帰りいただき、来年お持ちいただけばおかわりの料金で👍他の酒屋さんの刻印あってもOKです。
ケーブルカーやリフトを降りて少し歩いたところのお茶屋さんの前で販売いたします。
よろしければぜひ起こしください〜お待ちしています 
桑乃都 角田房子
 「10月1日は日本酒の日」の由来は、数10年前までは酒造期の元旦は10月1日でした。
故に9月30日は大晦日。税務職員が蔵に来て1日がかりで、総ての酒の在庫検査をします。
蔵の中には、蔵内酒(主にタンクに貯蔵されているもの)と、
売場酒(注文があればいつでも出荷できる状態のもの)の二種類があります。その蔵内酒の総てを検尺し、タンク内の容量を計算します。これを「持越検査」といいます。
前年10月1日より持越検査までにできた酒は全て新酒、これが10月1日より古酒と呼ばれ、それ以後に製造された酒は新酒となります。
 時が移り現在は7月1日より翌年の6月30日迄が○○酒造年度と設定されました。
昔の元旦を記念して10月1日が日本酒の日と定められたのです。

9月30日がきますと、やはり日本酒の季節だなと感じます。
今年も皆さまに喜んでいただける日本酒をご提供したいと思います。桑乃都をどうぞご贔屓にお願い申し上げます。

桑乃都 小澤酒造場 店主

 本日、府中の大國魂神社参道わき広場にて、「武蔵の国の酒祭り」を開催いたしました。
お足元の悪い中、たくさんの方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました!

 東京都酒造組合が主催で、全国の蔵元の酒、北は北海道、南は沖縄まで45県146種類が出品され、テイスティングできます。
つまみも持ち込み👌焼き鳥やシュウマイ、やきそば、などもあり楽しめます。
弊社も出品させていただきました。お声をかけてくださいましたみなさま改めましてありがとうございました
 桑乃都 小澤酒造場 角田房子
 8月にビールの話をしましたが、もっと古い飲み物はワインです。今からさかのぼること10000年とも言われています。
紀元前2000年のハムラビ法典には、酔っぱらいにワインを売ってはいけないと書かれているそうです。ワインは日本酒、ビールと同様、醸造酒に分類されますが、日本酒やビールは澱粉をデキストリンに変えて酵母を加え発酵させるのにワインは葡萄そのものが糖分ですからワイン酵母を加えれば直ちにアルコール醗酵をするわけです。
そこで1番重要なのは原料のワインの良否となります。
赤ワイン🍷はフランスのボルドーやブルゴーニュ地方が特産地となってます。コニャック地方となると若干品質が落ちますが、これ又不思議なことに蒸留してブランデーにすると最高級品となるとか!
長い歴史が得た答えですネ
ワインのことを喋りだすと、きりがありませんので、またの機会に。。
桑乃都 小澤酒造場 店主

先月のブログにお祭りの冷やし甘酒、ワンカップ販売のご報告と御礼を書かせていただいたのですが、何故か?削除されてしまっていたので、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

暑い中お越しいただいたみなさまありがとうございました。
両日共に盛況で、完売致しました。来年も八王子祭りを楽しみながら喜んでいただけるような企画を考えていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 桑乃都 小澤酒造場 角田房子
皆さま お暑うございます。
毎日毎日こう暑いと何となくビール🍺の話の方が冷えるかな?と思いビールの話を!
今から8000年程前に誕生したのがビール。
氷河期が終わり農耕生活が始まると小麦や大麦が栽培されビールの主原料が地球上に現れました。
イラク北部のジャモル遺跡(紀元前6500年頃)から発見されたのです。当時、麦を粉にしてパン様の練り物を造り焼いて食べたとか?ある時、麦を湿らせてしまったら発芽してしまい、それを食べてみたら意外と甘くて美味であることを発見!この残品に野生酵母が付着してアルコール発酵と相成ったとか?正に『ビール🍺』の誕生です!
紀元前3000年シュメール人が絵と文字でビールの造り方を粘土質の壁に書き(モニュマン・ブルー)残したのが、その証です。まだまだホップはない頃ですネ!
やっぱり飲まなきゃ🍺涼しくならないね(笑)
桑乃都 小澤酒造場 店主
連日の猛暑に体調管理の日々。
炎天下でのお仕事をされている方も、冷房の中に1日中いる方も体調を崩しやすい季節ですね〜
こまめな水分補給とビタミン豊富な新鮮食材をとり、暑さに負けないぞ!という強い意志で(笑)夏を乗り切りたいものです。
ここのところ話題になって、スーパーなどでよく目にするようになった甘酒とは多くが米麹で作られたものです。
今回のご案内は造り酒屋ならではの酒粕の甘酒!ご存知の方も多いと思いますが、酒を絞った後に酒袋の中に残ったものが酒粕です。
とても栄養豊富でアミノ酸を多く含み、昔から暑気払いによく飲まれていました。
今年も八王子祭りの8月4日、5日の2日間、店で冷やし甘酒コップ販売いたしま〜す!
千貫神輿の勇姿を見ながら甘酒を召し上がりませんか?
是非お待ちしています!!
桑乃都 小澤酒造場 角田房子


 今年は例年にない早い梅雨明けとなりました。
 この時季、6月後半には、造り酒屋の年中行事の1つ『初呑切』があります。
 3月まで新酒造り、4月上旬迄に火入れ(生の新酒を加熱殺菌し1年間保管できるように貯蔵=夏囲いといいます)します。火入れ後2ヶ月経過した6月後半に、酒の状態を検査し熟成具合を調べます。6000㍑〜10000㍑程のタンクから、ほんの少量酒を出します。呑み口から酒が出るその瞬間の香りがとても大切で、杜氏や頭(かしら=杜氏の補佐役)などと、静かな蔵のヒンヤリとした空気感の中で皆が五感を張り巡らせ、今年はどんな出来か?「香り」を嗅ぎ、出した酒を利猪口に入れ香味、熟成を判断します。
 万一、劣化が進んだり、日本酒として好まない香りがしたら直ちに再火入れとなります。私は一度も経験したことはありませんが、一大事です。
 全てのタンクの呑み口を切り、酒の出来具合を確認する、この作業をこの時季に初めてするので『初呑切』といい、大変重要な仕事です。酒造関係の技術者、杜氏、頭、等が、その任に当たり、来春迄の販売酒の一応の出荷順位等も考えます。呑み切りが滞りなく終わりますと、7.8月は熟成の時季で蔵は静かに眠りにつきます。
 9月に『2番呑切』を行う蔵も沢山あります。
桑乃都 小澤酒造、店主